記事一覧

「アンドレア・インコントリ」ありそうでない、独創的なフォルムのエレガンス

アップロードファイル 11-1.jpg

コーディネイトで遊ぶのではなく、一着の服の形や素材の中に遊びを入れるのが「アンドレア・インコントリ(ANDREA INCONTRI)」のスタンス。そのため、表情のある手の込んだ生地使いや、端正なカッティング、大胆なジッパー使いで構築的なフォルムを作り上げる。たくさん使ったアウトポケット使いもペプラムディテールと同様で、フォルムをソフトに構築するためのパーツのひとつという考え方のようだ。

 大きなアウトポケットをたくさん飾ったカーキ色のコートは、ベースとなるシルエットがスリムなため、アウトドアの土っぽさは感じさせない。スリット入りの膝丈スカートにも手のひらサイズほどの大きなポケットを飾っている。アウトポケットのアイデアは素材をファーに変えて、カシミアコートの装飾として変更して変化してゆく。結果、ありそうでない、独創的でエレガントなフォルムが生まれる。メンズライクなウールのコートやロングドレスは生地の上からPVCを重ねることでフォルムを強調する。

 一見プリーツ風のスカートはよく見れば赤い生地の上に黒いテープ状の別の生地を規則正しく縫いつけており、だまし絵のような視覚効果がある。ベアトップドレスは服をキャンバスと見立て、まるで絵を描くように大きなファーや生地を貼り付けて遊ぶ。そんなアート感覚もこのデザイナーの魅力のひとつだ。多用した曲線のモチーフはサーキットからインスパイアされたもの。

「シュウ ウエムラ」アジア人女性に贈る新ファンデーション誕生

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpg

今、女性たちがファンデーションに求める本音。それは「ファンデーションではなく、肌が美しい」と褒められる、セカンドスキンのようなファンデーション。 2月20日に発売する「シュウ ウエムラ」の新ファンデーション「アンリミテッド ラスティング フルイド」は、そんな女性たちの本音に向き合った製品だ。

素肌よりも美しい素肌美をかなえる“ヌードコンシャス”を掲げた今回のファンデーション。このコンセプトを体現するモデルのemmaは、「とにかく軽いつけ心地が印象的。それでいて肌にフィットして、美しさが長く持続するのがうれしい。春はさらりと軽いベースメイクに発色のきれいなリップを合わせて、抜け感のあるメイクを楽しみたい」と話す。

一人ひとりにオーダーメードされたかのようなアジア人のための24色展開

「アンリミテッド ラスティング フルイド」はブランドの“知的財産の結晶”とも言える。その一つが、肌色の研究。アジア各国の女性の肌色を研究し、さまざまな肌色をカバーする24色を開発することに成功した。また薄く軽やかかつロングラスティングをかなえるテクスチャーは、「シュウ ウエムラ」だからこその繊細なフォーミュラ。“ヌードコンシャス”という言葉が象徴するように、つけた瞬間にまるで自分のためにオーダーメードされたかのような感覚を覚えるフィット感は、ファンデーションの次なる時代の到来を予感させる。

アーティストがファンデーションを使うときは、その人に合わせて複数の色を混ぜるのが基本。それくらい肌の色は人それぞれ異なる中、「アンリミテッド ラスティング フルイド」は豊富な色展開でどんな人でもどんな状況でも美しい肌印象に導く一本に仕上がった。 メイクアップの仕上がりの80%を決めるのはベースメイク。今回の製品はしっかり塗っても厚ぼったい印象にならず素肌の美しさを際立たせてくれるため、さまざまなシーンにも対応できると感じている。自身にぴったりの1色を見つけて、素肌より美しい、より理想に近い素 肌美を体感してほしい。(uchiide)

「アンリミテッド ラスティング フルイド」の特長は、豊富な色展開と塗り方によって変わるテクスチャーで、ヌードなメイクにもカラフルなメイクにも対応できるという点。女性の肌悩みのニーズにはもちろん、自分の目指すメイクアップに対応するファンデーションは、多様化する現代の美容に欠かすことのできない存在になるはず。(淺野)

新形状、リキッドやパウダーといった既成のタイプの進化……

そんな中で、これは更なる未来を示すエポックメイキングな一品となるのだろう。

クリームとかリキッドとか、そういうタイプの概念を超えている。

透明感とカバー力のバランスなどを問う次元も超えている。

あらゆる既成概念を超えたところで、肌と一体になって人を美しく見せることに徹したから、肌色は24色。

いや肌色と言うより、肌の奥まで見つめた、新しい皮膚感の構築。それが24種類あると考えてみてほしい。ロングラスティングもだから当然のこと。

“自分の皮膚色”を纏った時、きっと自分に目を見張る。その感覚はぜひ体験しなければ。

1950年代、ハリウッドから日本人にメイクアップの夢を運んできた植村秀氏のDNA、それを今改めて感じる。

次世代ヌードコンシャス。素晴らしいチャレンジであると思う。

chigoのLimited Storeが新宿伊勢丹にオープン!

アップロードファイル 9-1.jpg

音楽が感じられるデザインで人気のジュエリーブランドchigo(チーゴ)の期間限定ショップが新宿伊勢丹に登場! 8月12日(水)~17日(月)の間、見逃せないアイテムが集結する。

特に注目なのが、『ART IS NOT DEAD』と名付けられた限定15セットのスペシャルアイテム! 2015AWコレクションのイコンアイテム、ハート型の安全ピンピアスと、それをイメージソースにしたオリジナルTシャツがセットに。アートや音楽といったカルチャーを愛するナイロニスタなら必ずお気に召すはず。

もちろん、その他の秋冬新作アイテムもいち早くお披露目! シンプルだけど他にはないデザインがそろっているから、ぜひその目で確かめてみて。

「オーラリー」と「ニューバランス」がコラボ 上品で快適なシューズやアパレル

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpgアップロードファイル 8-5.jpg

ニューバランス(NEW BALANCE)は、2018年10月に始動した新ブランド「東京デザインスタジオ ニューバランス(TOKYO DESIGN STUDIO NEW BALANCE)」と岩井良太デザイナーが手掛ける「オーラリー(AURALEE)」とのコラボレーションアイテムを3月9日に発売する。「オーラリー」が他ブランドと本格的に協業するのは初めて。アイテムはフットウエア“アールシーツー(R_C2)”(2万8000円)を始め、一着まるごと立体的に編み上げた長袖ニット(2万7000円)、半袖ニット(2万5000円)、ベスト(2万5000円)、パンツ(2万9000円)、ショーツ(2万6000円)の全6型。

 “アールシーツー”のカラーリングは大地の土の色彩の変化をイメージし、表面から深部にかけて変化していく優しいベージュカラーで表現。自然素材にこだわる「オーラリー」のアイデンティティーとリンクさせている。ソールには、本来クッション材として外側から見えないEVA素材をポリウレタンで包み、デザインの一部にした“エンキャップ リビール”が付く。光沢のあるアッパーは半透明の強化リップストップナイロンで、内側には防水透湿性素材「ゴアテックス(GORE-TEX)」のライニングが付く。ライニングの“GORE-TEX”の文字が透けて見えるデザインに仕上げ、ソールと同様に、本来は目に見えないシューズの防水性や透湿性といった機能をデザイン要素として可視化させた。サイズは23〜30cm。

 アパレルは島精機製作所の無縫製ニット機「ホールガーメント(WHOLEGARMENT)」を使用する。素材には吸水速乾性に優れた機能糸を混紡し、春夏に適したドライタッチな着心地にこだわった。トップスの後身頃にはリフレクト糸を用いたラインを編み込み、デザインのアクセントにしている。「オーラリー」が得意とする緻密に計算されたバランスのオーバーサイズで、見た目はシンプルながら袖を通せば個性が生まれる。サイズはユニセックス仕様でS、M、Lの3サイズをそろえる。

 販売は「オーラリー」の直営店やニューバランスの六本木 19:06と公式オンラインストアのほか、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)のオンラインストア、ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店、ビームス 原宿で行う。フットウエアのみミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)でも販売する。

おしゃれメンズチェックシャツのおすすめコーデと人気ブランド

アップロードファイル 4-1.jpgアップロードファイル 4-2.jpgアップロードファイル 4-3.jpgアップロードファイル 4-4.jpgアップロードファイル 4-5.jpg

爽やかなイメージと地味コーデを解消してくれる万能アイテムを求めている方におすすめしたいのがチェックシャツ。コーディネートに「抜け感」を演出してくれるチェックシャツは春に向けて欠かせないアイテムの一つです。

インナーとして柄を少しだけ出すちょい見せコーデや、一枚で魅せるコーデなど幅広い使い道があり、これまでのファッションに新鮮味をもたらしてくれます。今回は春を先取るメンズチェックシャツのおすすめコーデと人気ブランドを特集します。

ブラックのノーカラージャケットに合わせたダークトーンのチェックシャツは、さりげないチェック柄がコーディネートのポイントとなっています。同色のセットアップに少し丈感の長いチェックシャツは相性抜群なのでおすすめです。
シンプルなジャケットにブラック × グレーのオーセンティックなブロックチェックシャツを着たコーディネート。微起毛させた風合いのいいコットンを使ったシャツは、ジャケットを脱いでも一枚でグレーのスニーカーとうまくマッチしますね。
ベージュをベースとした大柄のチェックが映えるシャツに、リブパンツを合わせてカジュアル感をプラスしたコーディネート。しかし腰にネイビーのセーターを巻くことで全体が締まって見えます。
ブラックウォッチ柄の定番チェックシャツをセンターラインの入ったキレイめなパンツにインしてあります。全身が薄い色合いで統一されているため、中のシャツがとても映えています。ビジネスライクな格好の参考にもなります。
ネイビー×ホワイト×赤のチェックシャツに、白のソックス、パンツ、そしてコンバースで統一して合わせたぜひ真似したい春コーデです! 洗練された色使いが清潔感と共におしゃれ感を演出しています。
レイヤードを活かしたかなり難易度の高いコーディネートです。左右非対称になっているベストの下に、丈の長いチェックシャツを合わせることで、自然なレイヤードスタイルとなっています。春先にはチェックシャツの羽織物としてライトベストを着ると、コーデのバリエーションが増えますよ。
今期のチェックシャツのトレンドとしてブロックチェックシャツをよく見かけます。こちらはネイビーとオフホワイトをの2色を使ったノーカラーのチェックシャツに、同系色のアンクル丈のチノパンを合わせた上品なコーディネート。首から出したタートルネックとスニーカーを白で一致させることでことでチェックシャツがより際立ちます。
こちらもブロックチェックシャツを使ったコーディネートですが、全身を暗めのアイテムにすることで先ほどとまた違った印象を受けます。モードっぽさにどこか「抜け感」を足せるのがチェックシャツの強みですね。
オーバーサイズのブロックチェックシャツを着たコーディネート。ホワイトがはっきりしているので、このような色のトーンを落としたパンツが合っています。ゆったりしたサイズ感の方が全身のVラインが出やすいのも特徴。
ファセッタズム(FACETASM)の12SSコレクションから。王道なブロックチェックシャツをベストタイプのライダースに合わせたコーディネート。モードライクに見えますが、チェックシャツがポップさを醸し出しています。
爽やかな色合いのチェックシャツ一枚でバランスのいいコーディネートになっています。チェックシャツにはやはり無地でシャツを際立たせくれるアイテムがマッチしますね。青×白×黒の3色バランスが色物を主役にしてくれます。
赤色が目立つチェックシャツを合わせた春コーデです。赤のチェックシャツは避けがちですが、ソックスのラインと合わせるような遊び心があるとおしゃれな雰囲気になります! 赤はやる気を掻き立てるカラーなので精神的に気分も高まります。
上下インディゴ染めされたデニムで合わせたアメカジスタイル。裾がフリンジになったチェックシャツがおしゃれです。いい意味で男クサいコーディネートが魅力的。
ダークトーンのオンブレチェックシャツを羽織ったコーディネート。コーチージャケットのような形で、白のレイヤードがとても際立っています。アンダーをスウェットパンツにすることで、ラフながらかっこいいスタイルとなっています。
独創的な世界観をもつブランド、アンダーカバー。ボルドー、オレンジ、レッドの3色展開のノーカラーチェックシャツですが、特にボルドーのシャツがアンダーカバーらしさを出しています。襟元にかけて曲線を描いて生地を詰めている部分はディティールへのこだわりが感じられます。いい生地のチェックシャツが欲しい方にはおすすめです。
3種類のチェック柄を混ぜたデザインで、目を引くトレンドをしっかりと捉えたデザインになっています。高密度に織られたコットンを使用したこちらのシャツは最高のコストパフォーマンスを誇っています。これ一枚でコーディネートのワンポイントになります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ